« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の3件の記事

2008/09/29

世界撲滅中の感想でも。

『ワールド・デストラクション』をボチボチ進めてるんですが、
プレイ中の感想なんかをちょこっと書いてみようかな、と。
まだ序盤なので、今の時点で感じた印象です。

ワールド・デストラクション ~導かれし意思~
「ワールド・デストラクション ~導かれし意思~」
[Nintendo DS]
メーカー:セガ
発売日:2008-09-25

あくまで私的な感想ですが…
ゲームを全体的に見ると面白いと言えるレベル。
しかし細かい部分でダメな所がいくつかあります。

まず、主人公とヒロイン。
主人公の少年・キリエが気弱すぎて好みじゃない。
まあ、本人がよくわからないまま
世界を変える人物に仕立て上げられてる状態なので、
これから変わっていく流れになるんだろうか。
そもそも、最初のビラ事件にノーリアクションなのはナゼ?
主人公の声(宮野真守 氏)は嫌いじゃないけど、
戦闘時のボイスが情けないというか何とも頼りない。
「天然」っていう設定はいいけど、ここまで軟弱なのはどうかと。
で、さらにもっと好みじゃないのがヒロイン・モルテ
直感で動くタイプで、気が強くワガママ。
ワタクシ、気が強い女性キャラは決して嫌いじゃないんです。
嫌いどころかむしろ好き。
例を出すと、DQ5のビアンカとかFF7のティファとか大好きだし。
でも、このヒロインはなんかイヤ。イラッとくる。
これといった信念も無いのに何かにつけ撲滅撲滅とうるさいし、
なんていうか…強引すぎてついていけない。
主人公が弱々しいので、ワガママさがよけいに際立つ。
この2人のやり取りに時々不快感があって、
いまいち感情移入できないのが残念。
モルテにいいように振り回されてるキリエに失笑。
しかも、キリエはモルテのことを…って、えぇ!?
どこにそんな要素が?何か理由があるのだろうか。
納得いく理由なかったら怒るよ、あたしゃ。
他にも、ビラにキリエの名前が書いてあった理由だとか、
後から説明がないと理解できないことが多数あり。
もし、このまま納得いく説明がなかったら駄作決定かも。
しかし、脇役ならともかく
メインキャラクターが好きになれないのは致命的ですね。

それから、オープニングムービーがよろしくない。
アニメーションの映像はキレイで文句ナシの出来なのに、
流れてるテーマソングがミスマッチで違和感。
歌ってるAAAってアーティストも、
落書き問題起こしたグループってことくらいしか知らないし。
話題作りなのか知らないけど…よくわからん歌使わなくても
タイトル画面で流れてる曲(公式サイトでも使用)が
すごく良かったのに、もったいない。
まあ、電源入れたらオープニングを飛ばせばいいだけですが。

今のところ、目立った不満点はそれくらいかな。
序盤だからか、行き先が限定されてて自由度が無く
イベント主体に進むのでやらされてる感があるけど、
ストーリーは先が気になる展開でなかなか面白い。
ただ、ボイス付きのイベントが自動進行なのはいただけない。
長いイベント中に何かあっても中断できないのは不便。
DS閉じたらどうなるんだろう?やったことないけど。
キャラも、主人公とヒロイン以外はいい味出してる。
特にトッピー(声:古谷徹 氏)がツボ。
どう見てもくまのぬいぐるみなのに
「ぬいぐるみ」って呼ばれると怒るとか(笑
セリフの語尾に「クマ」って付くのが最高♪
バトルはコマンド選択式ですが、追撃や連携など
ボタンの組み合わせで多彩な攻撃が可能。
キャラの攻撃や技を、ポイントの振り分けで
自由にカスタムできるのも楽しい。
エンカウント率は少々高めかな。
レベル上げにはいいけど、探索時はちょっと気になる。
それ以外は、読み込みも早いしシステム面は快適ですね。

キャラクターに関しては好みの問題もあるので
それだけで敬遠する必要はないと思います。
シナリオやシステムはほぼ合格点なので、
シンプルなRPGが好きなら損はしないかと。
音楽もいいですよ♪テーマソング以外は(笑
音質はDSなんで、まあそれなりですが。
うーん…まあ、なんだかんだで、けっこうハマってます!
シナリオが尻すぼみにならないかが一番心配だなぁ。
ヒロインの撲滅行動の動機というか原動力が
「ただ何となく」というだけの弱いものであることや、
他にもプレイヤーを納得させることのできる理由が
必要な部分がシナリオ上に多くあるので、
その辺の疑問の回収がちゃんとできているかどうかで
このゲームの評価が大きく分かれる気がします。

にほんブログ村 ゲームブログへ

2008/09/18

しつこいのは嫌われる◇森日記【313】

そろそろ具体的な情報出ませんかねえ…?
「どうぶつの森」新作。

村一番の流し目王子ことチーフが引っ越しました。
うっかり写真を撮り忘れて画像はナシ。
彼はメルティ村では変態キャラでしたが(笑
>>参照記事はコチラ

で、入れ替わりにやって来たのがダンベル
通信先(娘の村)からです。
Mori_921
ウホッ!!初ゴリラ♪
いや、それより「おばさん」って何だ?

Mori_922
そんなスゴまれても…shock
覚えてます、覚えてますとも!
確かに若干目が泳いでるけれども。

Mori_923
なんか、すっげー怒られてるアタシ…
しつこいって、あんたのその口ぐせの方がしつこいっつーの。
この「おばさん」っていう問題発言ですが、
我が家の5歳の次女がダンベルに教えたらしい。
娘よ、なんてことしてくれたんだsweat02

その後、リチャードが引越し。しかも突然。
前日まで引越し準備なんてしてなかったのに、
なぜか突然手紙を置いて引っ越してしまうことが
たまーにあるけど、これもバグなんだろうか?謎…sad
毎日住人チェックしてるのに、こんなのってヒドイ。
幸いと言うか何と言うか、リチャードは2度目キャラだったから
そんなにショックではなかったけども。
手紙の写真も省略。すまん、リチャード。
Mori_924
ツバクロ来ました。
残念だけど、ふんどしの行方は私も知らない。

役場ストーリーはぺりこぺりみで違った話が聞けるけど、
両方聞くのは意外に大変で、まだ聞いたことない話もいくつか。
Mori_925
後ろの村長の存在も、結構気になりませんか…?

Mori_926
あ、外からか。
誰かって、あの人しかいないでしょ。やっぱ。

Mori_927
ぺりおがストーカーだったとは知らんかった。
しつこい男は嫌われるよ、ぺりお君。
ぺりみの話を聞いてるとぺりおってダメ男だよなぁ。
ぺりこの趣味が悪いってことなのかな。
この三角関係、どうにか丸く納まらないもんですかねえ?

Mori_928
やっぱり何か腹立つな…この口ぐせgawk
私は断じておばさんなんかじゃなーーい!!

にほんブログ村 ゲームブログへ

2008/09/14

気になってるゲーム

なぜか今年の夏は、食指が動くようなタイトルが少なく
ほとんど新しいゲームを買わなかったのですが、
この秋から冬にかけて気になるソフトが(自分的に)続々。

涼しくなったら、やっぱりおうちでゲームがいいよね(笑

まず、予約済みまたは予約確定タイトル。

『ワールド・デストラクション~導かれし意思~』

クロノ・トリガーなどを手掛けたクリエイターが
参加しているということで注目しています。
美麗なグラフィック、世界観やシナリオ、音楽など
全てに期待できそうで、大変楽しみにしているタイトル。

ラスト レムナント 特典 SQUARE ENIX × Xbox360 Trailer Collection DVD付き
「ラスト レムナント 特典 SQUARE ENIX × Xbox360 Trailer Collection DVD付き」
[Xbox 360]
メーカー:スクウェア・エニックス
発売日:2008-11-20

『ラスト レムナント』

いよいよ予約開始されましたね!
私の中では、今年一番の大作ソフトです。
スクエニには、いつもそのグラフィックの美しさに驚かされますが
シナリオやシステムがグラに引けをとらないよう期待してます。

次に、今すぐには買わないけどいずれ買うつもりのタイトル。

英雄伝説 空の軌跡FC
「英雄伝説 空の軌跡FC」
[Sony PSP]
メーカー:日本ファルコム
発売日:2006-09-28

『英雄伝説 空の軌跡FC』

PSPをしばらく使ってなくてもったいないので、
何か面白そうなのないかな…と探してて見つけたのがコレ。
元はPCソフトだったのを移植したもので、
PC版の発売が2004年。ちょっと古いゲームになりますね。
昔、「ドラゴンスレイヤー 英雄伝説」というのを
SFCでプレイしたことがあるけど、
それの後継タイトルのような位置づけになるらしい。
最近まで存在を知らなかったんですが、
やたら評判がいいみたいなんで興味がわきまして。
今買いたいソフトNO.1なんだけど、あと10日ほどで
上記の「ワールド・デストラクション」が発売されるので、
絶対それまでに終わらないだろうからガマンしてます(笑

『あつまれ!ピニャータ2 ガーデンの大ぴんち』

ピニャータ1作目がなかなか面白くてハマってたので
2もやりたいんですが…
これやると止め時が見つからなくて大変なんだよなあcoldsweats01
時間の流れが早く、作業と監視が結構忙しいので
すごく目が疲れるのが難点。
まあ、自分のさじ加減で止めればいいだけなんだけど、
とにかくやり始めると庭造りにとりつかれて止まらない(笑
ある意味危険なゲームかも。

次は、買うかどうか悩み中のタイトル。

クロノ・トリガー 特典 サウンドトラックCD付き
「クロノ・トリガー 特典 サウンドトラックCD付き」
[Nintendo DS]
メーカー:スクウェア・エニックス
発売日:2008-11-27

『クロノ・トリガー』

これ、面白かったなー。ホント大好きでした。
当時FFもDQも大好きだった私は、
坂口博信氏・鳥山明氏・堀井雄二氏の3人が
タッグを組んだ作品ということで、迷わず購入。
でも、これって1万円以上もしたんですよ!
あの頃、SFCのソフトってものすごく高価でしたね。
一生懸命バイトして買った記憶がよみがえるなぁ。
(売ったりせず今でもまだ大事に持ってます)
ラスボスを倒すタイミングが選べるのが斬新でしたね。
何度もプレイして、確か全部のエンディングを見たと思う。
シナリオも音楽も素晴らしく、思い出に残っているタイトルです。
ただ、今回は移植とのことで大幅なリメイクではない模様。
追加要素がどの程度かによって購入を考えようかと。
文句なしの名作なので、ただの移植だとしても
久しぶりにやってみたいとは思うんだけど、なんせ時間が…weep

とりあえずこんな感じ。
ちなみに、今プレイ中なのはドラクエ8(2周目)。
ラスダン攻略しつつLV上げしてます。
クリア後もあるからなぁ。まだ時間かかりそう。
1周目でも一応、真のエンディング見たし
一通りやり尽くしてるので、もういいような気もするけど…。
シグマ ハーモニクスはクリアしました。
まあまあ面白かった。詳しい感想は、そのうち書く…かも。

にほんブログ村 ゲームブログへ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ